歯を失った方へ

歯を失った方へ

歯周病や、事故などが原因で自分の大切な歯が抜けてしまったとき、抜けてしまった歯部分に代わりになるような歯をいれないといけません。抜けた歯を放置してしまうと噛み合わせがわるくなってしまったり、ほかの歯並びが悪くなってしまう原因となります。

・インプラント

・入れ歯

・ブリッジ

インプラント

メディアなどの影響もあり、インプラントについては「やるべきか、やらないほうがいいか」というご相談いただくことも多いです。当医院では、インプラント治療をおこなうための衛生管理を徹底させています。

インプラントは、歯を支える土台となる顎の骨から固定するので、ぐらつくことがありません。見た目が自然で、咀嚼効率が高く、強い力で噛むことも可能です。りんごのようにかたいものでも、自分の歯のようにしっかり噛んで食べることができます。

インプラントを支える歯が不足している場合は、骨造成をする必要があります。骨を厚くしてインプラント手術をおこなうまで、ある程度の期間が必要となります。また、血圧が高い方は、インプラント手術自体が難しいケースもあります。このように、当医院での施術が難しい場合は、スペシャリストの意見も交え、より高度な対応が可能な医療機関に紹介するケースもあります。

治療の流れ

歯科用CT(外部に委託)・レントゲン撮影・口腔内模型検査などを使用し、口腔内の状態を慎重に検査します。手術前にはコンピューターによるシュミレーションガイドを必ず作成し、より安全で確実におこなうための治療プランを作成します。

その後、口腔内に炎症が無いか、完全に清潔に保たれているかなどを確認し、問題がなければ治療をスタートします。局部麻酔をしてから、顎の骨にインプラントを埋め込むための手術をおこないます。 手術後は、新しい歯の土台となるインプラントと骨が結合するのを待ちます。個人差がありますが、2ヶ月~半年くらいの期間がかかります。

インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上に人工の歯(上部構造)を装着します。歯のないところに人工物を埋め込んでいるインプラントは、定期的なメンテナンス(検診)が必要です。また、インプラントを長持ちさせるためには、ネジの締まり具合の点検や、噛み合わせの調整なども欠かせません。

当医院のインプラントは、メンテナンスにいらしていただいた際に、取り外しができるようにしてあります。インプラントを取り外すことができれば、付着した汚れの洗浄もできます。不具合があれば、原因を調べることも可能です。治療中に作成した仮歯は保存してあるので、仮歯をいれてインプラントを修理することもできます。

歯牙移植

歯牙移植とは、抜歯した親知らずなどを、歯を失った部分に移植することです。骨の中に埋まっている歯を抜いて、即日中に移植することも可能です。自分の歯を移植するので、成功率が高いことが特徴です。

入れ歯

しっかり噛めて、痛くない入れ歯作りを目指しています。自分で咀嚼して食事をすることができれば、寿命を長くすることができます。 入れ歯がガタガタする場合は、保険の範囲内で治すことができます。合わない入れ歯は、顎の位置と噛み合わせを正確に診察して調整することで、多くの症状を改善することができます。

噛み合わせや顎の位置が適切に誘導されないまま入れ歯を作ってしまうと、「どこで噛めばいいのかわからない」という患者さんもいらっしゃいます。入れ歯を上手に使えていない患者さんへ入れ歯の使い方を教えるのも、歯科医師の仕事だと当医院は考えています。

総入れ歯と部分入れ歯

すべての歯を失ってしまった場合は、総入れ歯を作ります。総入れ歯は、顎の裏面まで覆う大きな人工歯です。 部分的に歯を失ってしまった場合は、部分入れ歯で補います。残っている健康な歯に金属のバネをつけて、部分入れ歯を固定します。

レジン床義歯(保険適用)

歯茎に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られています。強度を保つため、厚くて大きいサイズで作るので、食べ物の温度を感じにくく、違和感を訴えられる方もいらっしゃいます。全国どこでも保険適用で作ることができ、安価なのがメリットです。

ノンクラスプ・デンチャー

金属のバネを使っていないので、金属アレルギーの心配がありません。透明な素材で、見た目が自然な仕上がりです。義歯床が薄いので、軽くて違和感も少ないです。弾力性がある素材なので、痛みも出にくく、しっかり装着できて外れにくいです。1956年にアメリカで開発されて以来、95ヶ国で使用されています。

金属床義歯

歯茎に触れる部分が金属でできています。入れ歯自体を薄くできるので、食べ物の温度が伝わりやすく、食べ物をおいしく味わうことができます。耐久性があり、残っている歯への負担も少なくすみます。

入れ歯とインプラントの併用

前歯2本だけインプラントにして、それを支えに部分入れ歯をいれるという方法もあります。入れ歯をカチッとはめることができるので、グラグラ動きにくくなります。

インプラントをたくさんいれると、高額治療になってしまいます。しかし、インプラントを支えにする「インプラントオーバーデンチャー」なら、費用も抑えることができます。数本のインプラントであれば、患者さんの痛みや発熱・出血なども少なくて済みます。また、入れ歯は取り外して洗うことができるので、メンテナンスがしやすいこともポイントです。

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジは、「架工義歯」「冠橋義歯」とも呼ばれます。両隣りの健康な歯を土台にした冠と一体になった人工歯です。土台となる健康な歯を削る必要があり、支える歯に負担がかかります。しかし、固定式なので違和感が少なく、見た目も自然です。

診療メニュー

小さなお子さんからご高齢の方まで、スタッフ全員が心をこめて、笑顔でお迎えいたします。
ひとりでも多くの方のお口の健康に貢献したいと願っております。

土曜日診療

吉祥寺駅[公園口]から徒歩約3分

診療時間
10:00~14:00
15:30~19:00

土曜日は10:00~13:00 / 14:00~17:00
※当医院は予約制です。
最寄り駅:JR中央本線・京王井の頭線
吉祥寺駅[公園口]から徒歩約3分
※井の頭通り沿い、ファミリーマートさん隣り

  • 0422-24-8101 お電話のご予約も承っております
  • topimg10.png
  • お問合わせはこちら 24時間受け付けております
  • スタッフブログ Blogスタッフブログ Blog
  • ドクターズファイル Doctor's Fileドクターズファイル Doctor's File
  • ハート・イン歯科クリニック Facebookハート・イン歯科クリニック Facebook
  • 0422-24-8101
  • メール