HOME > インプラント

インプラント



当クリニックの安心、安全のインプラント治療の理由

インプラント治療
「インプラントをやるべきか、やらない方がいいか」についてご相談も多くいただいています。インプラントは最近、メディアを騒がすような事件もありました

「インプラントをやるべきか、やらない方がいいか」についてご相談も多くいただいています。インプラントは最近、メディアを騒がすような事件もありました。

しかし、当クリニックではインプラント治療をするための基本となる「衛生管理」には、万全の衛生管理体制が整っています。治療前に、まずCTを撮り、手術にはコンピューターによるシュミレーションガイドを必ず作成して、正確を期します。
また、多くのスペシャリストの意見も交えながら、より安全で確実に行うための治療プランを作成していきます。

当クリニックでの施術が難しいようなケースは、安全を期してより高度な対応が可能な機関もご紹介しています。

インプラントのメリット

どうしても違和感が取れない入れ歯や、他の歯に負担をかけたり、虫歯の原因となってしまうブリッジとは異なり、自分の歯のような感覚を手に入れることができます。
歯を支える土台となる顎の骨から固定するので、当然、ぐらつきもなく、強い力で噛むこともできます。

治療の流れ

レントゲン撮影、CT、口腔内模型検査などにより、慎重な検査を行います 事前検査

レントゲン撮影、CT、口腔内模型検査などにより、慎重な検査を行います。検査の結果、また、患者さまの希望もうかがいながら、詳細な治療計画を準備し、手術の日程を決めていきます。

口腔内に炎症が無いか、完全に清潔に保たれているかを確認し、治療を開始します 治療開始

口腔内に炎症が無いか、完全に清潔に保たれているかを確認し、治療を開始します。
局部麻酔をし、顎の骨に歯の新しい土台となるインプラントを埋め込むための手術を行ないます。

手術後は、インプラントと骨が結合するのを待ちます。患者さまによって異なりますが、期間は2ヶ月~半年くらいです 観察期間

手術後は、インプラントと骨が結合するのを待ちます。患者さまによって異なりますが、期間は2ヶ月~半年くらいです。

インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上に人工の歯(上部構造)を装着する準備、人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります 義歯の装着

インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上に人工の歯(上部構造)を装着する準備、人工の歯(上部構造)を装着します。これでインプラントを装着する治療が終わります。

インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただかなければなりません メンテナンス

インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただかなければなりません。インプラントは、本来、歯のないところに人工物を埋め込んでいるので、それなりのメンテナンスが必要になります。また、ネジの締まり具合の点検、噛み合わせの調整なども欠かせません。

治療後のメンテナンスを大事にしています。

インプラントの治療の途中に使用していた仮歯も必ず保存してあります

インプラントは、本来、歯のないところに人工物を埋め込んでいるので、それなりのメンテナンスが必要になります

インプラントは、本来、歯のないところに人工物を埋め込んでいるので、それなりのメンテナンスが必要になります。それが患者さまのご負担になっていては、メンテナンスもうまくいきません。
当クリニックでは、メンテナンスにいらしていただいた際に、インプラントは外せるようにしてあります。外せれば、インプラントのまわりに付着した汚れを洗浄することもできますし、トラブルがあれば実際に原因を確かめることもできます。また、インプラントの治療の途中に使用していた仮歯も必ず保存してありますので、こちらを使っていていただいて、修理をすることができます。

新着情報

一覧を見る

2018/01/12

<臨時休診のお知らせ>

2018年1月13日(土曜日)

院長、研修会参加の為、休診とさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ハート・イン歯科クリニック 院長

アクセス


大きな地図で見る

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺
南町2-7-10
コンフォート吉祥寺1階

お問い合わせ 詳しくはこちら