HOME > 一般歯科

一般歯科

虫歯治療

なるべく削らない、痛くない治療を行います。
なるべく削らない、痛くない治療を行います

初期の虫歯は、穴があいているような状態でない限り、無理に治療はしません。虫歯の進行レベルによって治療しない方がいい場合もあります。
そのようなレベルの虫歯を削って詰め物をして、その隙間から虫歯になることの方が、よほどリスクが大きいと考えております。
当クリニックではご自身の歯をメインに残し、詰め物や被せ物をしなくてすむような、将来を見据えた対応をしています。そのために、定期的に検査に来ていただきたいです。

虫歯の原因から改善する治療を心がけています。
虫歯の原因は細菌です。ミュータンス菌などのむし歯病原菌は、口腔内にある「糖」と反応すると「酸」が生まれます。歯の表面は酸に弱く、この酸によって歯が溶かされていくのが、虫歯という感染病なのです

虫歯は主にミュータンス菌と呼ばれる菌が原因で発症、進行してしまいます。この菌は、口腔内にある「糖」と反応すると「酸」が生まれます。歯の表面は酸に弱く、この酸によって歯が溶かされていくのが、虫歯という感染病なのです。
ご存じのように、虫歯は自然に治るということはありません。病原菌に侵された部分や、溶けた部分は取り除くしか方法はありません。
虫歯になった場合には適切な治療を行います。

歯周病治療

歯周病を放っておくと危険です。
初期症状は、歯ぐきなどの歯周組織が歯周病菌に感染し、腫れたり、出血したりします。進行すると歯はグラグラになり、最終的には歯が抜けてしまいます

初期症状は、歯ぐきなどの歯周組織が歯周病菌に感染し、腫れたり、出血したりします。進行すると歯はグラグラになり、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病の治療について
まず、適切に審査から始まります。歯周ポケットの細菌検査をからレントゲンまで、検査をしっかりして、それにあった治療をすることが大切です

まず、適切な診査から始まります。
歯周ポケットの検査をからレントゲンまでをしっかり行い、検査結果にあった治療をすることが大切です。

必要に応じて歯周病は咬み合わせによるものもありますので、型をとり模型を制作いたします。

歯周病を進行させないためには、歯周病の原因を取り除くため、お口のお掃除が重要です。
超音波スケーラーや手用スケーラーといった器具を使ったクリーニングから、麻酔を使用し歯ぐきを切開して歯ぐきの奥に付着している歯石や歯垢をクリーニングするものまで、患者さまのお口の状況ごとに合わせたお掃除方法がございます。
また、歯周病が重度化してしまった方には、溶けてしまった歯槽骨(歯を支える骨)の再生療法もあります。当クリニックはおひとりおひとりのお口の状況を診査、診断をいたします。それをもとに治療計画を作成し、治療を行います。

性格や生活、歯並びなど患者さまに合わせた予防プランをおつくりします
まず、適切に審査から始まります。歯周ポケットの細菌検査をからレントゲンまで、検査をしっかりして、それにあった治療をすることが大切です

診査、診断を行い、患者さまの資料をつくり、その資料を経時的に診ていきます。
大事なのは私たちが歯磨きが出来る環境をつくり、それを維持していこうと思う患者さまのお気持ちが必要です。
予防は私たちと患者さまの共同作業だと考えております。

口腔外科

口腔外科
麻酔をしっかり効かせれば大丈夫です。しかし麻酔が痛いのでは意味がありません。


当クリニックでは、痛くない治療を心がけています。
特に、麻酔に関しては慎重に行います。口腔外科で培った痛みの少ない麻酔方法を駆使することと、一定の量で注入出来る「電動麻酔」を併用致します。

親知らずかなと思ったら

親知らずは、永久歯の中でいちばん最後に生えてくるものです。一般的に17~30歳頃に生える場合が多く、骨の中に埋まったまま生えてこない場合もあります

親知らずは、永久歯の中でいちばん最後に生えてくるものです。一般的に17~30歳頃に生える場合が多く、骨の中に埋まったまま生えてこない場合もあります。
遅れて生えるため、すでに十分な空間がないので、斜めに傾いたり、横から生えたりするのです。不自然に並んだ親知らずは、歯ブラシが行き届かず、腫れたり、隣接する歯に虫歯をつくったりするのです。親知らずは口腔内でトラブルを引き起こすことが多いので、抜歯する方がいいでしょう。

抜歯をご検討中の方へ

困難な親知らずの抜歯もお任せ下さい。
当クリニックでは口腔外科出身の医師が治療を行いますので、大学病院に依頼するケースのものでも、たいていの症例はこちらのクリニックで抜歯することが可能です。
また診療室(手術室)も整っていますので、ご安心ください。

顎関節症

顎関節症は慢性的な病気で、顎の周囲に違和感や痛みを伴ったり、顎関節症に付随して様々な全身症状を引き起こすことがあります。下記項目で1個以上当てはまる方は、一度お近くの専門の歯医者さんで診てもらうことをお勧めします。

□ 片方だけで噛む癖がある
□ 顎に痛みを伴う
□ 頭痛・首コリなどの慢性的な症状が出ている
□ 顎を上手く動かせない
□ 開口の際、関節のあたりで異音がする
□ 食事の際、顎に痛みを伴う
□ 大きく口を開けることができない
□ 原因不明の頭痛がすることがある
□ 大きなものや固い食べ物を噛む際に、顎がだるくなってしまうことがある
□ 咀嚼しているとき、こめかみに痛みを伴う

上記項目で一つでも該当する場合、顎関節症の恐れがあります。顎への違和感があり、通院しても症状がなかなか改善出来なかった方はお気軽にご相談下さい。当クリニックは口腔外科出身の医師が診療を行います。

新着情報

一覧を見る

2018/01/12

<臨時休診のお知らせ>

2018年1月13日(土曜日)

院長、研修会参加の為、休診とさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ハート・イン歯科クリニック 院長

アクセス


大きな地図で見る

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺
南町2-7-10
コンフォート吉祥寺1階

お問い合わせ 詳しくはこちら