親知らずの基礎知識

快適な食生活を送るためには歯の健康は大切ですが、親知らずに悩まされている方も少なくありません。こちらでは、そんな親知らずの基礎知識をご紹介いたします。

親知らずとは

親知らずとは前から数えて8番目にある、一番最後に生えてくる歯のことをいいます。一般的には10代後半から20代前半に生えてくるとされていますが、30代、40代に生える方もいらっしゃれば、死ぬまで生えてこなかったという方もいらっしゃいます。名前の由来としては、寿命が短かった昔は親知らずが生えてくるころには親が亡くなっていたことから来ています。

抜く必要のある親知らずとは

本来は、親知らずは一番奥の歯としての役割を果たすと考えられていました。しかし、現代人は顎が小さくなったため親知らずが正常に生えることは少なくなっています。生えるスペースがないため、顎のなかで横になって生えたり歪んで生えたりしてしまうことが多くなっています。そのような親知らずは抜いた方が良いとされています。

親知らずが引き起こすトラブル

親知らずが生えてくるスペースが狭いと横の歯を押して生えてくることがあり、歯並びや噛みあわせを悪くしてしまいます。また、磨きづらいため磨き残しが出てしまい、虫歯になりやすくなります。親知らずが虫歯になると治療が難しく、再発しやすいです。また口臭の原因の一つとも考えられており、親知らずの周りに汚れがたまることで口臭が発生することもあります。

親知らずは様々なトラブルの原因となるので、できるだけ早めに歯科で診察を受けることをおすすめします。吉祥寺近辺で歯科をお探しでしたら、ぜひハート・イン歯科クリニックにお任せください。

ハート・イン歯科クリニックでは、痛くない治療を心掛けておりますので、抜歯が困難な親知らずでも安心してお任せください。虫歯の治療もなるべく削らない、痛くない治療を行います。土曜日も診療しておりますので、平日はお仕事が忙しい方もぜひご来院ください。お問い合わせ、ご予約はお気軽にお電話ください。

新着情報

一覧を見る

2018/06/22

<臨時休診のお知らせ>

2018.6.22(金曜日);院外研修会参加の為、臨時休診といたします。

ご迷惑おかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ハート・イン歯科クリニック 院長

2018/06/14

<臨時休診のお知らせ>

2018.6.14(木)

院外研修会参加の為、臨時休診となります。

ご迷惑おかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ハート・イン歯科クリニック 院長

アクセス


大きな地図で見る

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺
南町2-7-10
コンフォート吉祥寺1階

お問い合わせ 詳しくはこちら